総務広報委員会

組織向上委員会

地域活性化委員会

鍋合戦実行委員会

総務広報委員会

メンバー

担当副会長(専務理事) 滝口 球一 委員 清野 達弥

委員長 分銅 陽子 〃 仲野 大輔

副委員長 荒木 新次 〃 矢吹 栄修

会計 市川 直弥 〃 吉田 博

幹事 横山 陽子

委員 稲葉 雅人

〃 菅野 治

〃 柴崎 稔

 

 

<事業名>

1  通常総会並びに臨時総会の企画・運営

2. 全国サッカー大会長井大会協力例会の開催

3. 卒業式(通常総会時・新旧合同役員会後の2回)の企画・運営

4. ホームページ・Facebook管理・運営を通したYEGの広報活動

5. 例会セレモニーの運営

6. 会員手帳の更新

7. 天童YEG全ての事業への参加

 

<事業内容>

1. 通常・臨時総会の企画・運営を大きな事業とし、会員相互の連帯感を高めます。

2. 全国サッカー大会を通じ県内外のYEGとの絆を深めます。

3. 卒業生の思い出に残る卒業式を企画・運営します。

4.  ホームページ・SNS(Facebook等)を活用し天童YEGの魅力や情報を発信します。

5. 例会の参加促進を呼びかけると共に、例会セレモニーの運営を行います。

6. 新会員や組織図変更に伴う手帳の更新を行います。

7. 天童YEG例会や各種大会などへ積極的に参加します。

 

 

組織向上委員会

メンバー

担当副会長 大泉 貴夫 委員 工藤 敦弥

委員長 矢萩 洋美 〃 後藤 涼一

副委員長 川田 裕介 〃 小松 大和

副委員長 須藤 晃 〃 東海林 淳

副委員長 山本 和栄 〃 矢萩 茂徳

会計 佐藤 武彦 〃 平成28年度新入会員

幹事 熊澤 豊

幹事 山口 敦史

委員 石山 守

〃 菊地 佑次

<事業名>

1  夏まつりイベント飲食ブース出展例会

2. クリスマス家族例会

3. 会員拡大例会

4. 天童YEG全ての事業への参加

 

 

 

<事業内容>

1. 天童市の夏祭りに飲食ブースを出店し、夏祭りを盛り上げる。会員同士の連携を図り、大変だが、楽しい例会を目指す。

2. 深い理解と寛大な心でYEG事業を理解していただいている会員の家族に楽しんでいただけるような例会を企画する。

3. 今後も事業を継続するために、1人でも多くの同志を集める。YEGの魅力を発信できる例会にする。

4. 天童YEG例会や各種大会などへ積極的に参加します。

 

 

地域活性化委員会

メンバー

担当副会長 武田 寛子 委員 佐藤 千佳

委員長 遠藤 哲也 〃 中川 陽次

副委員長 渡辺 翔 〃 中里 晃介

会計 小関 淳 〃 長瀬 愛

幹事 古澤 一 〃 布施 拓弥

委員 今井 直美 〃 細谷 敏也

〃 黄木 嘉明 〃 山口 孝則

〃 大津 敏充

<事業名>

1  交流例会(鶴岡商工会議所青年部)

2. 研修例会

3. 移動例会

4. 天童YEG全ての事業への参加

 

<事業内容>

1. 鶴岡商工会議所青年部との合同例会を通して、自己研鑽に努める。

2. 地域資源を見直し、発信の方法を学習し発信する方法を学ぶ。

3. 会員同士の親睦を深め、互いの信頼関係や人間関係を深める。

4. 天童YEG例会や各種大会などへ積極的に参加します。

 

 

第22回平成鍋合戦実行委員会

 

担当副会長(本部長) 會田 裕幸

実行委員長 大江 通成

 

<事 業 名>

1.平成鍋合戦 実行委員会の開催

2.平成鍋合戦 連絡会議の開催

3.天童鍋の街プロジェクト(鍋マップの作成)

4.10月 天童楽市楽座への参加

5.第22回平成鍋合戦全体説明会の開催(例会)

6.第22回平成鍋合戦の開催(例会)

7.1月初市への参加

8.2月天童高原スノーパークフェスタへの参加

9.天童YEG全ての事業への参加

 

<事 業 内 容>

1.今大会は開催時期を例年よりも1ヶ月早く開催予定しているので例年以上の迅速な対応と周知徹底、次年度との連携を踏まえて準備を進めていく。

2.定期的に開催し、親会、市、警察等、事業に関わる機関との情報共有を深める

3.鍋合戦の開催の他、もうひとつの歯車である「地域との連携」を一つの軸とし、5年前に作成した鍋マップをリニューアル作成、「鍋の街天童」の外部PRを積極的に行う。

4.天童楽市楽座に参加する事で、天童市活性化への協力し平成鍋合戦のPRも行う。

5.天童YEGメンバーが一丸となり事業成功できるよう情報共有し、意識統一に務める。

6.これまで先輩たちが築き上げた事業を継続し発展継承していく。また今大会は、来場者アンケート等で出た多くの意見を参考にし、来場者がより「楽しめる」大会にする。

7.原点回帰。もともと平成鍋合戦は「初市を活性化」する為に開催していたという背景があるが、一度原点回帰し、事業自体を見つめ直す事と共にこれまで育ててきた諸先輩方に感謝し地域を活性化する為に参加する。

8.楽市楽座、初市同様、天童市のイベント活性化の為に協力し、来場者へおもてなしをする。

9.天童YEG例会や各種大会などへ積極的に参加します。

 

 

天童YEG since 2012-07-17 / Copyright 2012 天童商工会議所青年部. All Rights Reserved.