「国際交流鍋」いざ参戦
東西南北鍋自慢<天童鍋サミット>天童冬の陣

国際鍋合戦へ 鍋合戦の歴史

 

|中国瓦房店鍋|ニュージーランド のヘルシー野菜鍋|ニュージーランドのヘルシー鍋イタリア・マンマの鱈腹鍋|海鮮鍋
|カンジャ・デ・ガリーニャ|タットリタン|チュペ|チョルバ|ボルシチ|

イタリア・マンマの鱈福鍋
 
第10回 第11回参戦 
1杯 300円

 姉妹都市イタリア・マロスティカに古くから伝わる干し鱈料理。じゃが芋やねぎの入ったミルクベースの心と体にやさしいスープ。パーネ(パン)を入れて、召し上がれ。
仕上げは、パルミジャーノチーズでコクのある味に!!
マロスティカのリストランテ「ラ・ロジーナ」シェフ直伝の味をマンジャ〜テ!!


 
クリックすると写真が大きくなります。


材料
5人分
・甘塩たら 3切れ
・長ねぎ 1本
・じゃがいも(煮くずれしないもの)2個
・牛乳 500cc
・にんにく 1個
・オリーブオイル
・パルメザンチーズ
・塩
・黒こしょう
・パーネ(フランスパンみたいなものを)
・オリーブオイル

作り方
@鍋に大目のオリーブオイルを入れ、つぶしたにんにく
を入れてソテーし、少し色がついたら長葱を全部入れソテーし、塩・こしょうし、次にゆでたじゃがいもを入れ、一気に牛乳を入れる。(中火)
A別鍋で沸騰させたお湯に鱈を入れ、湯通しする。
B @の材料が全部煮立ってきたら、Aの鱈を入れ、塩こしょうを入れ、パルメザンチーズで味を調える。
Cパーネを添えて出来上がり。 
料理長の一言コメント  Nakao R 
シンプルな味付けなので、塩、こしょうの加減が大事。おいしい粒黒こしょうをひいて使うこと。パルメパルメザンチーズを食べる食膳におろし金ておろして本場のイタリアンな風味を!

メイキングオブイタリア鍋看板

 

 

過去参戦の鍋

TOPページへ戻る

Tendo International Exchange Association