トップページ事務局日誌>事務局日誌2009

会員名鑑に戻るトップに戻る  事務局日誌目次  2000年  2001年  2003年  2004年 2005年 2006年 2007年 2008年 2009年


ちょっと一息おまけのコーナー……時間に余裕のある方はお寄りください。

事務局日誌2009
ブログにしたものの変な書込みが多く日誌に戻しました。


 
つぶやきBY 新担当者

=つぶやきにあたって=
えー前担当者より、国際交流協会を引き継ぎ早1年がたちました。前担当者ほど更新が早いわけではないので、かな〜〜〜〜り更新は遅いと思いますがご容赦下さい。(言い訳ですね m(_ _)m )

 私見ですが、前担当者かなり、楽しんで国際交流をしていたのかなーなんて思います。たぶん「ここでは、自由に書けることを楽しませていただきました。これが誰かの許可を得なければといったらこのページはほとんど書けませんし、そもそもページ自体ないと思いますが。上司がこれを読むという心配もなく、(ネットはあてにしていないようだし、見ないようなので、万が一ここまでたどりついたら、それはそれですごいことです)どこの上司もそうでしょうが、(特に男性は)「組織」という言葉が大好きで、その一言は部下を黙らせるのに十分すぎる言葉なのですね。で、そこから解放される仕事というのは楽しいものです。フフフッ。」なんて部分が代表される言葉なんでしょうね。私は、(男性なので)組織には縛られるほうなので・・・・!(− −;)

 とはいえ、さまざま国際交流協会の礎のような感じで
いろいろな事業を行なって頂いた部分には素直に「すごいな〜!」と思います。「好きこそものの何とか」とはいいますが、すきでもここまで出来るのは本当になかなか出来ることではないと思います。

今後に向けて事務局は?真面目に!(堅苦しい!!) 

 前任者はかなりというか、会員さんのほとんどが、天童市国際交流協会の専従職員だと思われていたと思います。私も入所したてのころはそう思ってました。(なんてったって、私が入所してすぐの仕事は国際交流協会のニュージーランド博で、「きぐるみきて!!」と第一声でしたから!!!)それ以来、私の名前は『ペンギン』ですから・・・(・・?)                                  話しが脱線しそうなので戻りますが、とにかく、予算のない中で、休日も返上し、お休みがほとんどないような状況でも、体を壊さず(本当?)に天童市国際交流協会のために考えたり事業をしたり、商工会議所の仕事したりと大変であったと思います。国際交流協会の予算も200万の全事業費の中で、よくぞここまでとしてきたもんだと思います。担当もかわったことですし、ここは今まで前任者にほとんどお任せをしていました(かも)、の行政よりご出馬していただきまして、行政が『陰に陽に!!』相応のご負担(物心両面で)いただきたいと思っております。  ≪なんか、衆院選挙が近いので選挙演説みたいになってしまいましたが・・・・!  (かっこがきばかりになりますが、昨年の国際交流関係団体の会議では、行政は・・・?との意見続出でしたので!)                   今後は、天童市国際交流協会の運営方法は、行政からみればこれまでは、とてもベストなやり方だと思いますからの立場から、少し軸足をずらし、商工会議所で事務局を持っているから出来ること、出来ないことを思案し、会員さんとよく話をしながら、事業運営をしていきたいと思います。

2008年出来事カレンダー